消費者金融と銀行では借りられる限度額について

カードローンやキャッシングは今では貸金業者だけでなく、金融機関でも扱っているのでいろんな人が利用しています。
ライフスタイルにあわせた、ローン商品もいろいろ用意しているので、アルバイトやパートでも利用しやすいのが特徴です。
カードローンを利用する場合は、どこの金融業者に申込むか迷いますが、消費者金融と銀行では限度額に大きな違いがあるので注意が必要です。
消費者金融などの貸金業者では、総量規制があるのでカードローンの限度額も、年収の3分の1までとなっています。
銀行などの金融機関のカードローンでは、総量規制の対象外なので、年収を気にするこなく限度額も決められます。
消費者金融のカードローンやキャッシングは、総量規制があるので、年収がない専業主婦の方は申込めない所が多いですが、銀行ならば総量規制がないので、配偶者に安定した収入があれば申込める所もあります。
カードローンは返済の途中でも、追加で何度も借入ができるので便利ですが、ついつい借りすぎてしまうので気をつけなければいけません。
借りすぎを防止する方法は、最初から利用枠を少なめに設定することです。
利用枠は後で増額できますが、増額するには消費者金融でも銀行でも審査に通る必要があります。
増額審査で重要視されるポイントは、返済期間中に返済延滞や他社からの借入をしていないことです。
収入が減ると増額審査に通らないこともあるので、収入が増えた時に増額の申請をすると増額審査に通りやすくなります。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら